収入と床の面積は比例する


部屋に対して

モノが少ない空間は

収入がアップする


こんなデータがあります

ここで大切なことは


部屋に対して


です

豪邸じゃなくても大丈夫



心理学者 キャサリン K タケットさんは

「収入と床の面積は比例する」



言っています


収入が高くなればなるほど

床の面積が広くなり


貧しければ貧しいほど

床の面積が狭くなる


ということです



世間では


断捨離

人生がときめく片づけの魔法


などが有名ですが



心理学を勉強していても


モノは捨てたほうがいい

きれいなほうがいい


というのが

ちょいちょい出てきます


モノがないほうが

これからやることが明確になりますし

作業がはかどることは間違いないです
(計算で わざと汚くしている人は別ですが)


ぼくも

持っていた資格を全部捨てて

カウンセラーになっていますし



とりあえず


天職がわからないという人は

捨てることから始めるのも

いいかもしれません



やる と やらない では


かなりの差が出ます



▼ あわせて読んでほしい記事 ▼

www.careercococuro.biz

 
▼ ぼくのカウンセリングルームのホームページ ▼

careercococuro.com

f:id:cococuro:20170604125715j:plain

熊本 カウンセリングルーム キャリアココクロ